認知症の予防には脳機能向上がカギ|食事やサプリで補給しよう

脳の老化を防止しよう

薬を飲む男性

認知症は、高齢者だけではなく若い人でもかかる病気です。今までは加齢が影響して脳の働きが鈍くなるといわれていたのですが、最近では、生活習慣の乱れも影響していると言われています。認知症になると、自分や家族のことが思い出せなくなります。また、被害妄想などの症状も出てきて、家族の中でないがしろにされていると感じ、癇癪を起こす場合もあるのです。認知症になる前に、日頃の食生活を改善して未然に予防しましょう。
認知症の予防に効くと言われている食材はたくさんあります。魚や納豆などの発酵食品、きのこなど様々です。特に魚に含まれる不飽和脂肪酸は、脳機能を向上させる働きがあるので、認知症の予防に大きな効果を発揮します。脳の働きを活発にするには血流を良くしなければいけません。不飽和脂肪酸は血液の粘性を抑制し、円滑に流れるように作用してくれるのです。また、納豆や味噌など、大豆から作られた製品にはレシチンという成分が含まれています。このレシチンは記憶力を高めるために有効な成分で、脳内伝達物質の生成を促してくれます。大豆製品はたくさんの種類があるので、料理の中に取り入れやすいはずです。きのこ類には、グルタミン酸などが入っていて、脳が老化するのを防いでくれます。また、血管を保護する役割もあるので、脳に血液が行き渡るように補助する効果もあるのです。認知症の予防に効く成分は、食事だけではなくサプリメントからも摂取できます。高齢者でも飲みやすいように、錠剤ではなくゼリー状になっている商品もあります。

肝機能向上で健康になる

医薬品

オルニチンは、肝臓の機能を助ける働きがあります。肝機能が向上すると、体内の代謝が上がり、ダイエットに繫がります。また、疲労回復効果によって目覚めも良くなるので、精神的にも安定するのです。

詳しく読む

安全な国内産を選ぼう

錠剤

エクオールのサプリメントは、腸内で生成できない人にとって強い味方です。購入の際は、できるだけ国内産の商品を選びましょう。また、一粒あたりの含有量にも注目すると良いはずです。

詳しく読む

体にも心にも効く植物成分

中年女性

更年期を上手く乗り切るためには女性ホルモンの量が重要になってきます。イソフラボンやポリフェノールはなどが女性ホルモンと似た働きをするので、サプリを使用して効率良く取り入れるべきです。

詳しく読む